地元農家による「朝市」開催

地域のふれあいを目指して45年

 

 今年も6月から12月まで毎週土曜日(東我孫子会場)・日曜日(湖北台会場)で「朝市」が開催される(6月は15日・16日から)。

6月15日(土)~
東我孫子地区
我孫子ゴルフ倶楽部入口の通り
各午前7時~8時 小雨決行

6月16日(日)~
湖北地区
京葉銀行湖北台支店前
各午前7時~8時 小雨決行

 各会場には、地元生 産者の人たちが丹精込めて作った新鮮な野菜や果物が並び、朝からたくさんの人々で賑わいを見せる。最近ではワンちゃんと散歩のお客様も多く見かけるようになった。

 昭和52年に湖北地区と東我孫子地区の青年部たちが、古くからの地元の方と新しく越してきた人たちとの交流を図る場を作ろうと「朝市」が始まった。以来45年間続けて開催されており、地元に根付いたイベントになっている。

過去の写真を使用しています。

 今年も地元農家の方たちが出店して、美味しい新鮮な野菜や卵、農家以外の人たちが作った漬物や梅干し、お惣菜品などが販売される。夏にはトウモロコシやスイカ、梨などが、年末にはのし餅など季節あふれる商品が店頭に並ぶ予定。

過去の写真を使用しています。

 代表の佐々木とよじさんに話を聞くと「朝市に出店する生産者の方たちと交流することで地域の人たちに地産地消への関心を持ってもらえればうれしいです。これからも地元の活性化につなげ、朝市を一つの文化として子どもたちに残していきたい」と語ってくれた。地元の生産者と直接触れ合える様々な新鮮野菜を求めて「朝市」に是非出かけてみてはいかがでしょうか。

出店料無料!!
ご希望の方は
090-3546-9623
佐々木 とよじ

2024年6月14日(第104号-1面)

▼以下広告▼



Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA